fanta logo

カルチョ通信

1935/1936年:ボローニャの復活

ユヴェントスの伝説的な選手がほとんど引退したので、ユヴェントスのチーム力が下がっていきました。それにともなって、順位も低迷していきました。

そして、1935/1936年シーズンの優勝争いは、ボローニャ、ローマとトリノでした。

続きを読む...

1934/1935年:ユヴェントス、5年連続のセリエA優勝

ユヴェントスは、5年連続でセリエAの優勝を飾りました。しかし、強かった時代が終わりそうな雰囲気も感じさせていました。

理由が3つあります:

●インテル(当時インテル・アンブロジアーナと呼ばれていた)がどんどん強くなってきて、手強い相手になったこと。

●伝説を築き上げたユヴェの選手たちがどんどん引退し、若い選手の成長が目立ったものではなかったこと。

●当時監督だったCarlo Caceranoがリストラされたこと。

続きを読む...

1933/1934年:ユヴェントスのプライド

ただこのシーズンは、ユヴェントスにとっては厳しいシーズンでした。
数チームが最後までスクデットを手に入れるために戦ってきました。
代表的なチームはインテルです。(当時の名称は「インテル・アンブロ
ジアーナ」)

続きを読む...


このエントリーをはてな
ブックマークに追加 Clip to Evernote
Copyright © 2017 ファンタカルチョポータルサイト. All Rights Reserved.