fanta logo

カルチョ通信

セリエAの歴史:1909/1910年

このシーズンより、イタリアのサッカーは現在の仕組みと似たようなものになってきました。

●Seconda categoria(セコンダ・カテゴリア:2番目のリーグ)ができ、初めてリーグとリーグのチームの入れ替えが行なわれました。

●以前と違って、ホームゲームとアウエーゲームが行われるようにもなりました。

1909/1910シーズンはインテルとプロ・ヴェルチェッリが最後まで優勝をかけて争いました。他のチームはこの2チームに全くかないませんでした。

続きを読む...

セリエAの歴史:1908年

1908年は、またもや複雑な一年でした。セリエA協会は新しいルールをとり入れ、セリエAリーグは外国人がいないチームのみになりました。

当時はイタリアのサッカーは始まったばかりです。ほとんどのセリエAチームの創始者はサッカーの歴史があったイギリスもしくはスイスから来ていました。彼らにとっては、チームに外国人選手が在籍していることは当たり前でした。

ところが、イタリアのビッグクラブ(ミラン、ユヴェントス、ジェノア、トリノ)はこのルールに反対し、1908年シーズンには出場しませんでした。

続きを読む...

セリエAの歴史:1907年

1907年には驚くべきことが2つありました。

●チームとして生まれたばかりのトリーノ・サッカークラブがユヴェントスに勝利しました。

●セリエAが始まってからずっと決勝リーグまで進出していたジェノアは

続きを読む...


このエントリーをはてな
ブックマークに追加 Clip to Evernote
Copyright © 2018 ファンタカルチョポータルサイト. All Rights Reserved.